土地を売りたいけど手続きはどうしたら良いの?

htjd
土地を売りたい場合には、真っ先に不動産会社に見積もりを申し込んで、まずは土地そのものの客観的な価値を見極めることが大切です。
その上で、自分が土地を売却したい理由に応じて、業者と相談しながら売却条件を検討していきましょう。

まずは無料で複数の不動産会社に見積もりを依頼してみましょう。

不動産会社の多くが無料で土地の査定をおこなってくれるので、まずは信頼できそうな不動産会社に査定を依頼してみることをおすすめします。
その際に、複数の不動産会社に見積もりを依頼する相見積もりを実施することは、土地の売買においては基本中の基本と言えます。
単純に値段の上下を見るのではなく、見積もりの担当者の様子や、実際に送られてきた見積書を見て、信頼できる不動産会社を見極めることが大切です。
その上で、あらためてその土地を売却したい理由を確認し、自分のなかでいまその土地を売らなければならないと確信してから売却を申し込みましょう。

自分が希望する売却条件を明確にしておき対応してくれる不動産会社に申し込みましょう。

売り手として不動産会社と媒介契約を結ぶにあたって、見積もり結果をあらためて確認した上で、かならず自分が希望する売却条件をしっかりと検討しましょう。
売却条件を明確にし、不動産会社にそれを伝えておくと、業者と売り手側の交渉をスムーズに進行することが可能です。
ただ単に不要な土地をすみやかに処分したい場合はともかく、どうしても特定の期間までにまとまったお金が入り用である場合、その意思を伝えておかなければ業者は対応したくてもできません。
きちんと信頼できる不動産会社ならば、売り手の要望を無碍にすることなく、むずかしい条件であっても、さまざまな角度から折衷案やアドバイスを提供してくれるはずです。

はじまってしまった売買契約をキャンセルすると手付け金の倍額程度の違約金が発生します。

売買契約を結んだ場合、売り手側の都合で土地の売却をキャンセルしたら、手付け金の倍額程度の違約金を支払わなければならないので注意しましょう。
逆に、こちら側からキャンセルさえしなければ、買い手側はあらかじめ土地の代金の1割か2割程度の手付け金を担保として支払ってくれるので安心です。
後からやむを得ない事情が発生した場合は別として、基本的には途中で売却をキャンセルすることがないように、事前にしっかりと土地を売却することを検討しましょう。

複数の業者と契約する一般媒介とひとつの業者と契約する専任媒介。

不動産会社と契約を結ぶ前に、一般媒介と専任媒介の違いを明確にしておきましょう。

買い手探しを複数の不動産会社に依頼できる一般媒介ならば、もっとも広範囲の買い手を効率的に探すことが可能です。
逆に、ひとつの業者と不動産会社に依頼する専任媒介では、一般媒介よりも契約した一社が積極的に買い手を探してくれることがメリットです。

とても立地がよい、人気が高い土地の売買をお考えの方へ、放っておいても自然に人気が出るため一般媒介で買い手を募ることをおすすめします。
一方で、需要が低い立地の土地を売却する時は、その地域に根差した強い販売網を持っている不動産会社と専任契約した方が効率的に買い手を募れます。
土地の価値を見定めてから、どのような契約形態ならば自分が希望する売却条件で土地を売却できるのか検討した上で依頼することが大切です。
特に、一般媒介と専任媒介は土地の売買を成功させる上でもっとも重要なポイントのひとつと言えます。

what's new

2016-10-24
土地を売りたいけど手続きはどうしたら良いの?の内容変更
2016-10-24
土地の価値を見極めて契約形態を検討しましょうの内容変更
2016-10-24
売却を申し込む前に理由をしっかり確認しましょうの内容変更
2016-10-22
会社概要の内容変更
2016-10-22
買い手と交渉する前に手付け契約を結びますの内容変更
2016-10-22
売却条件を包み隠さず業者に伝えてみましょうの内容変更
2016-10-22
一般媒介と専任媒介が選択できますの内容変更
2016-10-22
サイトマップの内容変更